トロフィーの選び方、まずは種類を知ることから

オーソドックスなカップや柱型

トロフィーと聞いて思い浮かぶのが、金色のカップや柱型のものではないでしょうか。金色の他に、銀色もポピュラーで、差し色として赤色、青色が入っているものもあります。高さやサイズは様々に用意されており、用途や予算に応じて選びましょう。気をつけたいのは。1位、2位、3位の順にサイズを大きくすることです。また業者によっては、大会、賞、受賞者の名入れサービスを行っているところもあります。あわせて検討してみてください。

置き場所に困らない盾

顧客先に訪問すると、応接室にゴルフコンペの盾が並んでいる光景を見たことがあるのではないでしょうか。ゴルフコンペの他にも、販促キャンペーンの賞品としても馴染み深いものです。ポイントは、カップ型に比べて置き場所に困らないこと。素材はガラスやアクリルが一般的で、動物や植物の模様が彫ってあるものが多く、威圧感がありません。こちらも業者によっては、賞の名前や受賞者名を入れられ、金から銅までのメダルをはめ込むこともできます。

最近注目を集めるクリスタルトロフィー

クリスタルトロフィーは、透明のクリスタルを用いたもので、最近注目が集まっています。見た目がクリアでおしゃれなことや、円柱や三角錐、さらには香水型などさまざまな形を楽しめることが理由です。桃色や青色、黄緑色など、色のバリエーションも豊富ですので、若い人や女性が参加するようなイベントにおすすめです。賞の開催ごとに、形を変えるのも、参加者を飽きさせず面白いのではないでしょうか。様々なトロフィーがありますので、イベントの趣旨や参加層、予算などと相談しながら、いいものを選んでくださいね。

戦いに勝利した記念品として、勝者に与えらえるのが「トロフィー」です。杯や盾、像もその一種となります。