ビットコインの将来性!ネットの決済に使えるのか

決済手段としての発展

ビットコインというのが一時期物凄く流行したことがあります。投機の対象となっていたわけであり、それは本来の目的とは異なります。本来は新しいグローバル通貨として使えるようにしたかったわけです。つまりは、決済できるようにしたいわけです。今でもそれが目的であり、様々な所で使えるように普及活動をしています。これからは如何に現実に近いところでの決済ができるのか、ということに更なる発展がかかってきているといっても過言ではないです。

お金と同等の価値になるのか

正式に電子通貨も通貨である、という認められた経緯があります。つまりは、金融の一種になるわけです。それはよいことではありますが、まだまだ一般人から見れば未知な部分が多いです。その為、お金、つまりは現金と同じ価値として認められるのか、というと非常に微妙なところです。やはり、眼に見えない、数字ですらない、というのは難しいです。それでも少しずつネット決済が認知されつつありますから、ビットコインの需要は増すことになります。

投機性を如何に捨てるか

これからビットコインが普及する契機となるとされているのが、投機性になります。如何に価値が安定しているか、というのが重要視されます。つまりは、投機性がないほうが実は普及するのです。今の所は右肩上がりの価値ですから、バブルともいえますが、人気はでました。しかし、それで一般人が日常的に使う通貨としては不安定すぎます。ですから、今後は如何に価値を安定させて、使える所を増やすことができるかが鍵になっていきます。

ビットコインとはひとことで言うと仮想通貨です。仮想なので目に見えて存在はしませんが、日本円のように実際に使えるお金のようなもので、いつの日か通貨の違う国の実店舗でも使える日がやってくるかもしれません。