こんなトラブルも?LED電球が点灯しない場合の改善点

LED電球設置の際に調光機能には注意

白熱電球からLED電球へと交換する動きが活発化しています。しかし場合によってはトラブルが生じ、簡単にはLED照明への転換ができない場合があるため注意しなければなりませんね。もしLED照明が点灯しないとすれば、それは調光機能が原因である可能性が考えられます。調光機能は白熱電球の光の強さを調節するために便利なものです。しかしながらLED電球にとって、調光機能が点灯の妨げになるために注意を要するでしょう。

LED電球は熱がこもらない場所を選択

LED電球を設置する際には、設置場所が風通しの良さについて注意しなければなりませんね。設置場所に熱がこもりやすい環境があると、LED電球の寿命が極端に少なくなる恐れがあります。LED電球内にある発光素子は、熱に弱い性質を持っているのが特徴です。そのため、白熱電球では問題がなくとも、LED電球を設置すると熱が問題となり点灯しなくなります。もし熱がこもりやすい場所は改善策を考えた方がいいかもしれません。

蛍光灯からのLED化には工事が必要

蛍光灯を使っていた場所にLED電球を設置するなら、電気工事が必要になる場合があります。蛍光灯の点灯のためには、高い電圧をコントロールする装置が必要です。一方でLED電球の点灯には適さないため、転換時に工事を実施し、これまで浸かってきた蛍光灯用の電気設備を取り外さなければなりません。LED電球に転換した後にはもはや蛍光灯を使わないのであれば、早い段階でLED化の電気工事を済ませてしまってもいいでしょう。

ledパネルの活用方法を理解するために、複数の工業製品の開発をしているメーカーに問い合わせをすることが効果的です。